無駄なお金を削る

書類を持つビジネスマン

いざファイナンシャルプランナーに相談しようと思っても、何をどうやって相談すればいいのか分からないこともあると思います。そこで一般的なファイナンシャルプランナーへの相談の仕方について見て行きましょう。 まずファイナンシャルプランナーを探すには、ネットで検索するか日本FP協会のHPで探すのがいいでしょう。まずはCFP資格を持つファイナンシャルプランナーを探すと安心です。 実際に相談する際には、ライフプランをファイナンシャルプランナーと共有することが重要となります。なぜならライフステージのどこでいくらぐらいの資金が必要になるかを明確にすることが大事だからです。 ライフプランを明確にした後、現在の家族構成、収入と支出、預金や資産、保険や年金などを1つ1つ確認していきます。これは現状で無駄が発生していないか、ライフプランを実現するためにいつまでにどのくらいの資金を用意すればいいのか分析するのに重要な事です。 ライフプランを明確にし現状の分析をした後に、ファイナンシャルプランナーが専門家の視点でファイナンシャルプランを提案します。また書類の作成等が必要であれば、アドバイスを受けることができます。

ファイナンシャルプランナーから受ける提案であれば、どの内容でもいいかと言うとそうではありません。やはり信頼できるファイナンシャルプランナーから提案を受けたいものです。では信頼できるファイナンシャルプランナーとは一体どのようにして選べばいいのでしょうか。 まず何より資格を有していることが絶対の条件となります。資格にはCFP資格とAFP資格とがありますので、どちらか資格を有していることを事前に確認することが重要です。 またどのような内容の相談を受けられるのか、得意な分野は何かも確認しておくといいでしょう。 また時として弁護士や税理士、司法書士などの外部の専門家の力が必要になることもあります。これらの外部の専門家とネットワークを築いているかも重要です。 ライフプランを実現させるために、少しでも疑問や不安がある場合はどのようなことでも事前に確認しておきましょう。